価格の決め方

土地の売却をする際に、測量をする場合があります。売却をする際に必ず測量が必要というわけではありません。不動産登記簿の面積で契約がすむ場合もあります。しかし、相手方から土地の測量を済ませておくことを要求される場合もあります。ではこの「測量」とはどのようなことなのでしょうか。

 

「測量」は、隣の土地との境界を確定するために行います。取引後の境界トラブルを防ぐために、土地の測量を事前にすませておくことを求められる場合があります。測量を土地家屋調査士などに依頼した場合は、別途測量費用がかかります。測量には一般的にそれほど時間はかからないと言われています。

 

敷地の境界が明確でない場合には、境界確認や境界杭設置も必要になり、その費用が発生します。境界杭を明示することは売主の必須事項です。境界杭が見当たらない場合にこれを設置する際には、隣の土地の所有者の立会いが必要となります。この場合は、隣の人と日程の調整などを行いながら作業をする必要があるので、余裕を持って行うようにするとよいでしょう。

 

測量が必要な場合、または境界杭の設置が必要な場合は、土地家屋調査士がこれらの作業を行ってくれます。売却を依頼している不動産会社があれば、その会社と提携している土地家屋調査士などがいるので、そこから紹介してもらうことができます。または、最寄りの土地家屋調査士などに連絡をして依頼するようにしましょう。