価格の決め方

使わなくなった不動産売却したり、マイホームのために土地や中古住宅を買うとき、通常は個人間での取引ではなく、不動産業者などに仲介してもらいます。というのも不動産売買に関する取り決めは複雑で、素人同士の契約では後日トラブルが起こったときに予想外の損失を蒙る可能性が高いからです。

 

一般的な不動産売買の流れとしては、仲介業者の元へ行って広告などで気になった物件について尋ねたり、手ごろな不動産を紹介してもらった後、現地に見学に行きます。気に入ったものが見つかれば買受申込書を出し、売主は売渡承諾書を発行します。

 

これらの書式は仲介業者が作成し、一部省略されることもあります。重要事項説明は売買取引時に行うこともあれば事前に行うところもありますし、代金の支払いも取引時に全額支払うこともあれば一部内入れ金のみを払い、後日全額決済することもあります。住宅ローンを申し込むタイミングもありますので、取引の流れについては事前に仲介業者に確認を取っておきましょう。

 

取引は主に代金の受け渡しと、不動産売買契約書の取り交わしになります。これが終わると可及的速やかに所有権移転の登記をする必要があります。

 

大体は仲介業者の紹介や自分から依頼した司法書士が取引に同席し、委任状など必要書類に押印をもらってからすぐ登記に取り掛かります。自分で希望する司法書士がいるときには、契約前に依頼をしておいた方が登記手続きもスムーズに進みます。