価格の決め方

土地の売却をする場合、その土地が「市街化調整区域」であるかどうかを改めて確認しておきましょう。「市街化調整区域」とは、都市計画法で定められている区域区分の一つで、原則的に新たに建物を建てたり、増築をすることができない地域のことです。一般の住宅は、一定の例外を除き、原則は建築ができません。

 

こうした市街化調整区域の土地を販売する場合は、一般的に売却が難しいと言われ、かなり安い値段で売り出すことになります。土地の上に建物を建てて使用する目的で、土地を買おうとする人が多いことからすれば、原則建築のできない土地は価値が下がってしまうからです。また、市街化調整区域は、一般的に水道・ガス・下水などが未整備であったり、交通や通学、買い物などに不便なことが多く、市街化区域の土地よりも安くなってしまう傾向があるようです。

 

以上の内容などから、市街化調整区域の売却は多くの障害があって一般的には難しいと言われています。しかし、市街化調整区域であっても、この制度を定めた法律が適用される以前から住宅が建っていた土地に関しては、建物を建てられる場合があります。

 

その土地が市街化調整区域であるかどうか、かつ購入者が建物を建てられるかどうかは、売却価格や売却の進捗に大きく影響しますので、必ず確認しておくようにしましょう。大抵は、不動産会社に査定を依頼したり仲介契約を結んで売却を始める際に、不動産会社が調べて教えてくれることが多いようです。