価格の決め方

土地の売却を開始した場合、実際にどのようなタイミングで売却をすればよいのでしょうか。土地を売り出し始めると、広告などを見てその土地を買いたいという人から問い合わせが来ます。不動産会社の仲介を頼んでいる場合は、不動産会社経由で連絡が来ます。大抵の場合、購入希望者は価格を下げてほしいと交渉してきます。売主としては、相手が提示してきた額が許容範囲であるかどうかを判断することが必要です。もちろん、逆に売主側からここまでなら下げられる、などと提案することもできます。その他いろいろな条件を出して相互で交渉を進めます。良く分からない場合は依頼している不動産会社などに相談すると良いでしょう。交渉の結果、双方とも納得できる価格で決まれば契約へと進みます。

 

買い手が提示した額が売主側の許容範囲から外れていた場合、慎重に検討することが必要です。なぜなら、土地は売り出したからと言ってすぐ買い手がつくという保証はなく、土地が売れないまま何年も経ってしまう場合もあります。そして、土地が売れなければ、当然売主が毎年その土地の固定資産税を払い続けることになります。実際、売れない土地の固定資産税に悩まされる人は多いようです。

 

そうしたことを考えると、許容範囲ではないからと言って、買い手の申し込みをどんどん断わってしまうのは良い方法とは言えません。また、売れないまま土地の広告がずっと出続けると、買い手も不審に思うか強気に交渉に出てくる場合もあります。

 

売却価格を適切に設定することも大切ですが、その後の流れを見て、希望価格を下げる検討をすることも大切なのです。