価格の決め方

マンションと一戸建てって何が違うのかなって思ったことはありませんか?もちろん一戸建てのほうが良いというイメージですが、メリットデメリットを考えるとどっちもどっちということだと思うのですよね。最近は私は家族もできたということでそろそろアパートからマンションか一戸建てにしようと思っています。そこで最近はよく毎日のように不動産について勉強しているので、一般の方よりは知識がついてきたと思っています。

 

そこで今日は自分の頭の整理も込めて不動産のマンションと一戸建てのメリット・デメリットを考えていこうと思います。そもそもマンションとはいっても賃貸にするのか購入するのかで変わってくるのでそこも判断材料になります。まずはマンションのメリットですが、建築費が一切かからないということです。もちろんマンションの購入にあたっては様々な費用が掛かってきますが、一戸建ての費用に比べるとかなりコストを削減することができます。

 

それがまずはメリットの一つ目です。もう一つがやはり管理の楽さですかね。デメリットとしてはやはり騒音問題などが一番に挙げられています。ここまで発展した不動産業界ですが、近隣住民とのいざこざはまだまだなくなりません。特に子供がいる家庭は注意です。一方一戸建てのメリットはマンションの逆ですね。騒音問題もなく家で優雅に暮らすことができることです。デメリットもマンションとは相反して、購入金額や建築費用が掛かるということです。これはとても大変な出費になるので注意が必要です。こういったように見るとかなりどちらかで迷うことがあると思います。

 

私の友人にも倉田俊男さんから紹介してもらった不動産に詳しい方がいるのですが、その方は時と場合に夜と言っています。ときと場合というのは、たとえば子供がいる場合は一戸建てにした方がいいです。部屋も数多くとることができるし、何より小さいときは騒音の問題で近所の方とトラブルになることもあるからです。最近は子供がいらないという夫婦もいて、そういった夫婦にはマンションがおすすめですね。

 

そういったことをその友人と考えることばかり最近はしていて、その友人もまたとても不動産に詳しいのでこちらも勉強になることが多いのです。これから消費税も上がるということでさらに不動産業界は悩まされていくこ途になりそうですが、そこはじっくり考えて行動するのがいいみたいです。一つ言っておくことがあるとすれば生活にあう住環境にするのが一番いいです。

 

私はフリーターをしているものです。最近は毎日のようにバイトを入れています。それには少し理由があって、マンションを買おうと思っているからなのです。一括で購入したら費用がかかるのは生活の一部だけで、あとは何もかかりませんからね。

 

それに最初のころは正社員よりもフリーターの方が稼げるということで、稼ぎ終わったら正社員として就職してから購入しようと思っています。フリーターのままだと購入することは難しいのです。金額の問題ではなくて、単純に信用がないので契約の段階で断られることが多いこともあります。もともと不動産の契約は信用というものがとても大切になってくるものです。

 

それがなければ簡単に契約はできないということもあるので、しっかり信用は作るようにしましょう。昔はフリーターが家を買うということがテーマの本が出ていたので、それを呼んで影響を受けたことは紛れもない事実です。

 

しかし、私の場合はマンションなのです。なぜマンションにしたのかというと、倉田俊男さんの紹介で友人になった方のおすすめだからです。その方は不動産業界に精通していて、本当に詳しい方なので、話を聞くうちにフリーターが一戸建てを買うのは難しいということです。そして、マンションならまだ可能性があるということで、マンションにしたのです。マンションにするメリットとしては管理が簡単なのと、何かがあってもサポート体制がなっているところが多いことです。一軒家となると購入できたとしても維持が負担になってくることもあるので、マンションの方がいいみたいです。

 

この友人は本当に便りになる友人で、最近は良く飲みにつれていってもらっています。おしゃれなバーとかをしっている社会人なので、こういった方が友達ってのも正直すごいなぁって思っています。倉田さんのネットワークの広さを使ってさらに交流を増やすことができるかもしれないので、最近はその友人とさらにその友人とも飲みに行っています。

 

フリーターとはいっても普通の一般サラリーマンより収入があるので、たまにおごったりもして、そういった関係が今後も続いたらいいなと思っています。とくにこれからは時代も変わっていき、一人で生きていくのは大変になることも予想されています。そういったときに仲間がいれば様々なアドバイスをいただくことができると思うのです。人間は孤独というけれど、そんなことは無くて、助け合うことによって生きていくことができます。話がそれましたが、とにかく不動産を買いたいです。

 

家が好きなインドアの人っていますよね。私もそうなのですが、最近はインドアだからと言ってそんなにアウトドアの人と比べられることもないかなと思っています。だってインドアにも立派な趣味とかもあるし、アウトドアの人にも立派な趣味があります。

 

良く中学生や高校生の時ってそういったヒエラルキーができていて、野球部やサッカー部、バスケ部などはそのヒエラルキーの頂点にいて、学校のヒーローみたいな存在でした。文化部はどこかそういったヒエラルキーの下にいるような気がして、中高生の時は肩身が狭かったのを覚えています。しかし、大人になってくるとわかるのですが、どっちも嗜んでいる方がいいと思います。

 

私の友人に不動産にとても詳しい友人がいるのですが、その友人はアウトドアもインドアも好きな友人です。彼は倉田俊男さんと言います。どちらかというと住環境が好きみたいで、家にいることが多いようですが、実は家で運動をしているのです。彼のマンションに遊びにいったことがあるのですが、その家にはルームランナーなどもあって筋肉隆々の彼はとてもかっこよかったです。

 

私は男ですが、彼のそういったところは尊敬すべきだなと思っています。そもそも私は文化部でインドア派なので、そこまで活発に運動をすることができないのですが、彼は運動もして映画も見て、芸術も楽しんで散歩もしてという風に人生を謳歌しています。

 

その彼に教えられて私もマンションを最近は購入しようと思っています。彼は不動産に詳しいので、どんなマンションがいいのかということについて聞くこともできて、それがとても良いなと思っています。そういったことに詳しい友人がいるととても助かります。それに彼曰く「住環境を整えると、アウトドアもインドアも充実する」そうです。

 

もちろん家にいることも多くなってきますが、なぜか環境が整ってくると外に出たくなって、健康的な生活をするようにもなるのです。これは心理学でも言われていて、環境によって人間の行動が決まることがわかっています。

 

彼の自信あふれるその答えに関心した私は、現在マンションを購入するために資金を溜めています。もちろんローンでもいいのですが、やはり前金として早めに払っておけば安く済みますし、なによりも気分的に楽だなと思っています。今までインドアばかりだったけれど、まさかあえて住環境を良くすると外に行きたくなるとは思ってもいませんでした。これからはもっと健康的な生活を心がけていきたいと思います。

プレサンスロジェ心斎橋(http://pl-ssb84.com/)の魅力は、便利な立地や上質な室内と同様に、充実した設備や快適なくらしを作り上げる構造や環境にやさしいエコ仕様といった面にもあります。

 

キッチンは人造大理石カウンターやガラスコートのガスコンロで、汚れても落としやすくいつも美しくきれいに保たれる工夫がされています。主婦に嬉しい食器洗い乾燥機付きも高ポイントです。玄関収納は靴以外にも長さのあるブーツや傘も楽々収納できる構造になっています。

 

バルコニーにある防水コンセントと水栓は意外にあると助かるアイテムです。

 

バルコニーで電源が必要な時や、バルコニーで汚れ物を洗う時やバルコニー自体の掃除をするときに便利です。浴室にはテレビがあり、ゆったり浸かりながらテレビを楽しむことができます。全住戸の窓サッシには防音サッシが採用されています。

 

これにより都心の大通りに面したマンションならではの騒音の心配もスッキリ解消します。部屋の床にはガス温水式床暖房が内蔵。足元からの心地よいぬくもりが嬉しいですよね。

 

また、作り付けの給湯暖房機や電球やシャワーやトイレの洗浄にも、省エネや節電や節水に繋がるシステムを採用しています。このようにプレサンスロジェ心斎橋は、日々の生活の中で知らず知らずのうちに、エコや環境対策に貢献できちゃう嬉しいシステムが盛りだくさんなマンションです。

 

住む人も快適、環境にもやさしい、そんな住まいがこれから長く住みたいと思える理想の家ではないでしょうか。

まつげエクステでのトラブルが増加傾向にあることをご存知の方も多いでしょう。ニュースなどでも取り上げられており、眼科に通う若い女性も多い事実。現在、厚労省では「エクステは美容師法に基づく美容行為であり、美容師が行うこと」と決められています。それにより無資格者の施術は無くなっています。

 

まつげエクステに使用される接着剤が接触する可能性のある目の組織はデリケートな場所で接着剤が目に入ると、刺激を受けた結膜は充血・かゆみや涙、眼脂といった症状が現れます。入浴中に水が入るだけでも痛みが出たり。外見的には、皮膚のかぶれやかさつき、また赤くなるなど。

 

結膜の充血が出たりという症状も見られます。こういったトラブルを未然に防ぐためにも、美容師免許と、サロンを美容所登録してあるショップで施術を受けるということが前提となります。きちんと提示してあることを確認しましょう。まつげエクステを行う前の必須条件です。

 

大切な目を守るためには、安いからと行くのではなく、きちんとした品質の商品(主にトラブルになりやすい接着剤のこと)などカウンセリングの際に聞く事も大切になります。美しくなりたいからと受けるエクステですから、自分の身は自分で守るべきです。

 

横浜でも中心地にはたくさんのまつげエクステのショップがあります。特にこちらのサイトのサロンは横浜市内は口コミで評判のショップは予約制で当日受け付けは困難な状況です。安心したサービスと保証のあるショップで美しく若々しい目元をキープしましょう。

使わなくなった不動産売却したり、マイホームのために土地や中古住宅を買うとき、通常は個人間での取引ではなく、不動産業者などに仲介してもらいます。というのも不動産売買に関する取り決めは複雑で、素人同士の契約では後日トラブルが起こったときに予想外の損失を蒙る可能性が高いからです。

 

一般的な不動産売買の流れとしては、仲介業者の元へ行って広告などで気になった物件について尋ねたり、手ごろな不動産を紹介してもらった後、現地に見学に行きます。気に入ったものが見つかれば買受申込書を出し、売主は売渡承諾書を発行します。

 

これらの書式は仲介業者が作成し、一部省略されることもあります。重要事項説明は売買取引時に行うこともあれば事前に行うところもありますし、代金の支払いも取引時に全額支払うこともあれば一部内入れ金のみを払い、後日全額決済することもあります。住宅ローンを申し込むタイミングもありますので、取引の流れについては事前に仲介業者に確認を取っておきましょう。

 

取引は主に代金の受け渡しと、不動産売買契約書の取り交わしになります。これが終わると可及的速やかに所有権移転の登記をする必要があります。

 

大体は仲介業者の紹介や自分から依頼した司法書士が取引に同席し、委任状など必要書類に押印をもらってからすぐ登記に取り掛かります。自分で希望する司法書士がいるときには、契約前に依頼をしておいた方が登記手続きもスムーズに進みます。

マンションを経営することを考えたときに、その管理体制についても気になるものではないかと思います。マンションの管理をする際に大変になってくるのはたとえば家賃の滞納などです。

 

これは実際にマンション経営を行ったことがある方ならわかるかもしれませんが、家賃の滞納に関する入居者への対応や、トラブルが起こった際の対応など、マンションを経営するということは、管理に関してもそれなりの苦労が伴ってくるものなのです。そういったこともあり、最近では、マンションの管理の一切を不動産管理会社などに委託する方も増えてきました。

 

ただし、もちろん管理会社に委託するということはそれなりに費用も掛かってしまいます。多少収入が減っても管理をすべて行ってくれるならそれで良いということであれば、賃貸管理会社に委託し、大変ではありますが収入のことを考えて管理も全て自分だけで行うと考える方は管理会社を使わずにトラブルなどの対応も自ら行うことになります。

 

賃貸管理の体制はマンションによっても異なりますので、あらかじめ認識しておく必要があります。プレサンスのマンションを購入して賃貸管理を行いたいと考えている方もいるかと思いますが、プレサンスのマンションにおける管理体制は、入居者を斡旋するところから管理を行うところまでを代行にて行ってくれます。投資家として株を持っている方はプレサンスの株価も気になるところです。

 

賃貸管理というのは、非常に大変なもので、マンション経営を行いたいけど管理を行うのが面倒というような理由で諦めてしまう方もいるのですが、プレサンスのマンションであれば、その面倒な管理を代行により一手に引き受けてくれるのです。

 

その管理の内容とは、入居者を募集して契約を行うこと、更新の手続き、家賃の集金、さらにクレームの対応やリフォームまで、ほぼ全てといっても良いほど管理を任せることができるため、非常に魅力的です。プレサンスのマンションなら賃貸管理会社に依頼するといった手間を取ることもなく、管理を委託することが可能なのです。

日本ではエッセイというと気軽な散文といった意味に扱われる事が多い。同じ様な散文として随筆もあるが区別はされていない。だが芸能人のちょっとした散文といった印象がセッエイにはあるが、随筆は日本文学の重鎮や大家等が気軽に書き留めた文章といったイメージがある。簡単に言ってしまえばエッセイは日本国内においてはフランクなイメージの文章ととられる事が多いようだ。

 

しかし海外ではエッセイなるものは少し態が変わり深い思索を表した書き物として受け止められている。元々「エッセイ」はフランス語であり「試み」という意のフランス語である「essai」より来ているそうだ。1588年にフランスの思想家ミシェル・ド・モンテーニュが幅広い知識と教養からの視野で人間観察や人間探求を行った随想録「エセー」から端を発し、その後思索を文章で表現するというジャンルとしてエッセイは定着した。日本のリラックスしたい時や暇な時に読む作品といった印象とは異なり、こういった厳格な作品が語源である事を思うと興味深い。随筆という観点から挙げれば日本最古のエッセイは平安時代に清少納言によって書かれた「枕草子」である。

 

後世の文学にも大きな影響を与えた名著である。また「枕草子」を含み日本三大随筆とされているのは枕草子からおよそ100年後、吉田兼好の手により書かれた「徒然草」、もう100年後に鴨長明の手により書かれた方丈記である。しかしこの日本三大随筆を現代のエッセイの源流とするには内容がかけ離れている。現代エッセイの源流はそれより更に時を経た江戸中期である。

 

この頃になると日記風随筆が多く執筆され軽妙な要素含んだ文章であり現代のエッセイに通じるものがあるのだ。ちなみにエッセイの元祖となった作品「エセー」は日本三大随筆よりずっと後の作品である。日本のエッセイが軽妙洒脱の妙味を満ち合わせているのはこの歴史の深さならではであるかもしれないとそんな気がしてくる。以上、玉置実花でした。

不動産を売却する場合、一般的には不動産業者に査定価格を出して頂き売却価格を決めます。少しでも高く売却したいのが売り主の心情故、仲介方式をとります。先に転居を済ませ、じっくり売却得ることの出来る場合は問題はありませんが。

 

マンション売却を有利に進めるには、リフォームを考えなくてはならない場合もあります。そこで家族と結構悩みました。また買い替えの場合では、新居探しを同時進行しなくてはなりません。
売却時に家のローンが残っている場合も少なくないでしょう。買い替えの場合は、難問が山積みです。

 

また、運が悪いと飼い主さんになかなか巡り会うことができないことも多々あります。マンションの場合、近隣に売却物件が多く存在する場合もあります。買い主側にとって、よりどりみどり状態と言っても過言ではありません。

 

半年、1年が経ち、やむなく不動産買取に転じざるを得ないといった事態だけは避けたいものです。速やかに売却を考えるならば、不動産買取業者さんに買い替え条件を伝え依頼するのが賢明かも分かりません。不動産買取の利点は、ほぼ即買い取り価格が決まります。新居探しも即始めることができます。

 

新居が決まれば、現マンションの買取と同時に進めることができます。もろもろの手続き面においても、全て不動産買取業者さんが進めて下さいます。時間のロスが非常に少なくてすみます。

 

確かに売却額の面では、かなりの差が出るのは事実です。早期売却不可能な場合のデメリットを考えると、仲介方式より買取方式を選ぶのも良いのではないでしょうか。

戸建て住宅に住み始めてから十年近くになりますが、以前はマンションを所有していたこともあります。今思うと何故あの時に一時の気の迷いで売り払ってしまったのだろう。と後悔することもしばしば。あのままずっとすみ続けていればよかった。。。と思うことが多くなってきたのは、今年初めに起こった大震災より後になってからです。テレビで木造住宅が執と流されている風景を見て愕然としたからです。津波の影響が大きいのでしょうが、それにしても、と思うのです。今の我が家がどのくらいの地震の大きさに耐えられるか、と。

 

幾ら耐震住宅とは言え、程度にもよると思うのです。横揺れか縦揺れかにもよると聞きます。そしてやはり木造住宅ゆえの脆さが気にかかります。木造は木造の良さがあるのですが、やはり強度の面では鉄骨が一番でしょう。それにあと一つ、あの鉄骨で出来た丈夫な集合住宅の一部屋を手放したことによる後悔の原因が。それは階段の上り下りがないこと。我が家は三階建てなのですが、毎日結構疲れます。マンションならお風呂に入るにも、洗濯するにも全て同じフロアですから楽ちんです。これから更に年をとるごとに、この思いは段々強くなっていきそうな気がします。いずれにせよ、どんな家に住もうかと考える時は、今の時代ならまずは耐震設計を重視するべきです。そして次に快適に暮らせる家かどうか。最後に周りの環境です。これは私の考えですが、これらのどこかが欠けていても、住みやすい環境の家とは思えないからです。現に我が家はこの3つのうちの2つが欠けています。家選びは本当に慎重にならないといけないと、今更ながらに感じています。

不動産投資の中でも特に人気があるマンション投資。
土地や建物に投資をするというわけではなく、分譲マンションの一部屋を購入し、賃貸に出す事によって収入を得る投資方法ですね。不動産投資の中では比較的リーズナブルに購入できますし、リスクも少なく、最悪の場合には自分自身でそこに住んでしまう事もできるため、サラリーマンやOLの投資としても人気があるようです。

 

会社員や公務員をしていると、思うようにお給料も上がらず、アルバイトも社内規定によって禁止されている事も多いものです。また、アルバイトがOKの職場でも、朝から夜まで仕事をしていてつかれきった体では、アルバイトをする気力さえわいてきませんよね。

 

マンションのような不動産への投資は、まさにそのような人たちのためにある投資。
マンションを購入する代金は、その後に賃貸に出す家賃収入でカバーする事ができるだけでなく、副収入にもつながります。長期にわたって副収入を得る事ができるので、老後の安定した収入を目指してマンション投資を行う人も多いのだそうです。生命保険としての役割も果たしているのです。

 

ただ、マンションの一室を購入して貸し出す場合には、空室リスクも考えなければいけません。そのため、物件選びは慎重すぎるぐらい慎重に、借りる側の目線で選ぶ事が大切ですね。

 

マンションなどの不動産に投資をしていると、所得税や住民税などを節約する事も出来ます。万が一、マンション投資の収益がマイナスになった場合でも、その分を申告して税金還付を受ける事ができるのでお得です。

自分たちが住み慣れたお家や新しく購入した中古住宅をもっと便利にもっと機能的に耐震性が高く
自分好みにコーディネートしたりできる「リノベーション」。
手間をかけたぶんだけ、自分が育てた子どものように愛着が持てますしなにより人に
自信をもって紹介できるお家になります!
手間、と言われたら多少面倒なように感じるかもしれませんが中古住宅をリノベーションすることにおいて
手間をかけるということはそれだけ自分の理想の家へかぎりなく近づけるということ。

 

あなたは、どんなお家に住みたいと思っていますか?
家族がみんなで団らんする広いリビングがある家?
夏でも涼しく冬は暖かく過ごせる過ごしやすい家?
地震でも強い家?

 

そんな夢や希望の理想のお家づくりをリノベーションは叶えてくれるのです。
そうやって聞くと、中古住宅をリノベーションするうえでの手間ってそう嫌なものじゃないと思いませんか?

 

広いリビングが作りたければ、間取りを広くしたり、少しでもエアコンを使わず
電気代を節約するために床暖房を取り入れたり。
カントリー調のものが好きなら、部屋の印象をガラリと変えるために壁紙や家具を一新したり、
自分の趣味のお部屋を作ったり、といったこともいいですね。地震などの災害に強い構造にするのも良いですね。

 

こうして「ああしよう、こうしよう」と考える時間もリノベーションする第一歩になります。
自分のこだわりを追及したいあなたも、シンプルに今までのお家のイメージを
変えたいあなたも少し手間をかけて理想のお家づくりをしてみませんか?

東京都港区には、白金地区と共に、お屋敷街から発展したエリアとして、高輪地区があります。

 

高輪地区には、皇族やエグゼクティブの邸宅が建ち並んでいると有名になっており、憧れている人も多い、高級住宅街となっていました。現在では、『グランドプリンスホテル高輪』等の高級なホテルが建っており、セレブ気分を味わいたいと思っている人にも利用されています。又、高輪地区には、ハイグレードの賃貸マンションも数多く存在しており設備も大変整っているので、女性にもかなり人気の地区となっています。

 

システムキッチンの部屋だけでなく、フィットネスルームやコンシェルジュサービス等、マンション内の設備やサービスも、人気のひとつとなっています。

 

ハイグレードの賃貸マンションには、企業のトップの人や芸能人も好んで住んでおり、閑静で高級感があるとして、魅力的なエリアとなっています。

 

白金地区と同じように、緑豊かな街並みを見ることが出来るというのも特徴で、由緒ある寺社が点在しているので、観光に訪れる人も増えてきています。高輪地区には、昔から住んでいる人が多く、品揃えが豊富なスーパーも数多くあるので、生活するには、大変便利な地区となっています。http://www.azabu.ms/station/741.html

 

又、都営浅草線の泉岳寺駅や高輪台駅、東京メトロ南北線と都営三田線の白金高輪駅、少し行けば、JRや新幹線を利用するのに便利な品川駅もあり、バスの本数も多いので、通学や通勤に便利として、賃貸マンションを探している人にも、大変人気のエリアとなっています。

土地の売却をする際に、測量をする場合があります。売却をする際に必ず測量が必要というわけではありません。不動産登記簿の面積で契約がすむ場合もあります。しかし、相手方から土地の測量を済ませておくことを要求される場合もあります。ではこの「測量」とはどのようなことなのでしょうか。

 

「測量」は、隣の土地との境界を確定するために行います。取引後の境界トラブルを防ぐために、土地の測量を事前にすませておくことを求められる場合があります。測量を土地家屋調査士などに依頼した場合は、別途測量費用がかかります。測量には一般的にそれほど時間はかからないと言われています。

 

敷地の境界が明確でない場合には、境界確認や境界杭設置も必要になり、その費用が発生します。境界杭を明示することは売主の必須事項です。境界杭が見当たらない場合にこれを設置する際には、隣の土地の所有者の立会いが必要となります。この場合は、隣の人と日程の調整などを行いながら作業をする必要があるので、余裕を持って行うようにするとよいでしょう。

 

測量が必要な場合、または境界杭の設置が必要な場合は、土地家屋調査士がこれらの作業を行ってくれます。売却を依頼している不動産会社があれば、その会社と提携している土地家屋調査士などがいるので、そこから紹介してもらうことができます。または、最寄りの土地家屋調査士などに連絡をして依頼するようにしましょう。

土地の売却をする場合、その土地が「市街化調整区域」であるかどうかを改めて確認しておきましょう。「市街化調整区域」とは、都市計画法で定められている区域区分の一つで、原則的に新たに建物を建てたり、増築をすることができない地域のことです。一般の住宅は、一定の例外を除き、原則は建築ができません。

 

こうした市街化調整区域の土地を販売する場合は、一般的に売却が難しいと言われ、かなり安い値段で売り出すことになります。土地の上に建物を建てて使用する目的で、土地を買おうとする人が多いことからすれば、原則建築のできない土地は価値が下がってしまうからです。また、市街化調整区域は、一般的に水道・ガス・下水などが未整備であったり、交通や通学、買い物などに不便なことが多く、市街化区域の土地よりも安くなってしまう傾向があるようです。

 

以上の内容などから、市街化調整区域の売却は多くの障害があって一般的には難しいと言われています。しかし、市街化調整区域であっても、この制度を定めた法律が適用される以前から住宅が建っていた土地に関しては、建物を建てられる場合があります。

 

その土地が市街化調整区域であるかどうか、かつ購入者が建物を建てられるかどうかは、売却価格や売却の進捗に大きく影響しますので、必ず確認しておくようにしましょう。大抵は、不動産会社に査定を依頼したり仲介契約を結んで売却を始める際に、不動産会社が調べて教えてくれることが多いようです。

土地の売却を開始した場合、実際にどのようなタイミングで売却をすればよいのでしょうか。土地を売り出し始めると、広告などを見てその土地を買いたいという人から問い合わせが来ます。不動産会社の仲介を頼んでいる場合は、不動産会社経由で連絡が来ます。大抵の場合、購入希望者は価格を下げてほしいと交渉してきます。売主としては、相手が提示してきた額が許容範囲であるかどうかを判断することが必要です。もちろん、逆に売主側からここまでなら下げられる、などと提案することもできます。その他いろいろな条件を出して相互で交渉を進めます。良く分からない場合は依頼している不動産会社などに相談すると良いでしょう。交渉の結果、双方とも納得できる価格で決まれば契約へと進みます。

 

買い手が提示した額が売主側の許容範囲から外れていた場合、慎重に検討することが必要です。なぜなら、土地は売り出したからと言ってすぐ買い手がつくという保証はなく、土地が売れないまま何年も経ってしまう場合もあります。そして、土地が売れなければ、当然売主が毎年その土地の固定資産税を払い続けることになります。実際、売れない土地の固定資産税に悩まされる人は多いようです。

 

そうしたことを考えると、許容範囲ではないからと言って、買い手の申し込みをどんどん断わってしまうのは良い方法とは言えません。また、売れないまま土地の広告がずっと出続けると、買い手も不審に思うか強気に交渉に出てくる場合もあります。

 

売却価格を適切に設定することも大切ですが、その後の流れを見て、希望価格を下げる検討をすることも大切なのです。

土地を売却しようとする場合、その土地の上に建物が建っている場合があります。土地は、この建物つきで売り出すこともできれば、売主側で建物を取り壊してから売却することもできます。では、この2つでどのように異なるのかを、実際に見ていきましょう。

 

建物が上に存在しない土地を「更地」と言います。建物が残ったままであっても、売却をすることに関して問題はありませんが、買い手側からは、更地での引渡しを希望することが多いようです。多くの場合、売買契約をした後、引渡し日までに売主が建物を解体し、更地にして購入者へ引き渡すという流れになります。解体費用は、建物の種類や地域にもよりますが、全国の平均では木造であれば1坪あたり2万〜3.5万、鉄筋コンクリート造の建物であれば、1坪あたり2.4万〜4.5万くらいになります。30坪の建物であれば60万以上はかかることになり、こちらも売却する側にとっては結構な出費になります。

 

一般的に、売却時に土地が更地であるほうが高く売れるようです。また、既にその建物に誰も住んでいない、または使用していない場合、建物の管理について不安な点があります。なぜなら、売却が長引いて空き家状態を放置することになると、万が一放火や事故などが発生した際に土地の価格が下がる、もしくはなかなか買い手がつかないなどの問題が発生する場合もあるからです。

 

しかし、更地にするデメリットもあります。更地にすると、住宅用地の特例が適用されなくなるため、翌年から固定資産税が大幅に上がってしまうという点です。以上の点を踏まえ、売却する土地をどういう状態で売り出すのかを検討しましょう。